Renovation/Reform リノベーション・リフォームのすすめ

既存物件を楽しむ!

既存物件+αの魅力

最近、既存一軒家や既存マンションを購入して、賢くお得に理想の住まいを実現している方が増えています。
 間取りや内外装デザインなどを自分のライフスタイルや好みに合わせて改修する " リノベーション " 。
 既存住宅だからと言って、購入時の間取りやインテリアに満足せずに、自分らしい住まいで暮らしたいという
 理想を叶える手段として、ご検討してみてはいかがですか?

 
新築戸建建築費用 平均2,820万円
(既存住宅購入+)リノベーション・リフォーム費用 平均641.5万円
リクルート調べ
 

「リノベーション」と「リフォーム」って何が違うの?

リノベーションとは

" 現状プラスα "で、より" 価値を高める "こと。

部屋数を減らす・増やすというような
間取りの変更や耐震・断熱改修など、
" 機能性 " や " 暮らしの質を向上 " させる
改修のことを指します。

リノベーションのメリット

  • 希望の間取り・機能により近い住まいが手に入る
  • 骨格を確認できるので、安全性が高い
  • エリアや立地の選択肢が広がる

リノベーションのデメリット

  • 物件が決まってから引っ越しまでに時間がかかる

リフォームとは

" マイナスの状態 "を" ゼロに戻す "こと。

キッチンやトイレなど水まわり設備の取り換えや、
クロスやフローリングの貼り替えなど、
(モノが変わっても)正規の状態に
復元・修繕することを指します。

リフォームのメリット

  • 工事期間が短くて済む
  • 住みながらの工事が可能
  • 予算に合わせてリフォーム内容を選択できる

リフォームのデメリット

  • 小規模工事なので、空間設計の自由度が低い
  • 骨格に不具合があっても見つかりにくい

日本の住宅は寿命30年?老朽化したら建て替え?

昨今では「既存住宅ブーム」と呼ばれるような活況ぶりを呈している日本の不動産市場ですが、実際にはまだまだ新築住宅が大きなシェアを占めています。しかし、新築住宅が主流なのは先進国では日本だけなんです。国土交通省によれば、2012年の国内での「新築住宅着工戸数」が88.3万戸だったのに対して、「既存住宅流通戸数」の推計値(FRK発表)は50.3万戸、全体の住宅供給量のうち既存住宅が占める割合は36.7%しかないという結果だそうです。この数値は世界的に見ても圧倒的に低いものです。同じ時期の先進各国の既存住宅流通シェアを見てみると、フランスで66.4%、アメリカで77.6%、そしてイギリスでは88.8%という結果が出ています。その差は歴然。同じ先進国の中でも、日本だけ既存住宅事情は大きく異なっており、「既存住宅開発途上国」と言われても仕方のない状況にあると言えます。

事例で知る+αのヒント ~価格帯別事例集~

工事の内容や費用の目安など、詳しくはお問い合わせください。
写真の上にマウスをのせると詳細が表示されます。
写真はイメージです。
自分らしい空間の実現

6帖洋室フルリフォーム
(床/壁/天井/照明)

空き部屋を有効活用

6帖和室を
ウォークインクローゼットにリフォーム

ご予算100万円以下

洗面ドレッサー取替え
リフォーム(標準グレード)

料理が楽しくなるキッチン

キッチン入れ替え
リフォーム(標準グレード)

トイレ空間フルリフォーム
(標準グレート便器/床/壁/天井)

浴室暖房換気乾燥機

脱衣所暖房取付けリフォーム

長く暮らすために

片開き玄関ドア取替え

シュークローク取付け

快適なお風呂でリラックスタイム

ユニットバス入れ替え
リフォーム(標準グレード)

押入れを
クローゼットにリフォーム

バス・洗面ドレッサー入れ替えリフォーム
(お値打ちグレード)

寄り添って暮らす

手すり取付けリフォーム[40坪戸建住宅]

住まい若返り計画

金属外壁貼り
(標準グレード)

薄型スレート瓦塗装工事
[40坪戸建住宅]

家族が集まる広々としたLDK

キッチン6帖・リビング8帖の2部屋を14帖LDK1部屋にリノベーション

ご予算101~300万円

趣味に没頭できる部屋

6帖平屋(洋室)増築工事

オール電化はもはや主流

水まわり設備・エコキュート入れ替えリフォーム

思いやりの住まい

1F部分屋内段差解消改修
[40坪戸建住宅]

やっぱり瓦

瓦葺き替え工事
[40坪戸建住宅]

暮らしに合わせた住まい

8帖和室を8帖洋室にフルリノベーション
(床/壁/天井/ドア/照明/断熱サッシ)

お気に入りをワンフロアに

15坪マンション
フルリノベーション

共に過ごした住まいとこれからも

キッチン6帖・リビング8帖の2部屋を14帖LDK1部屋にリノベーション

ユニットバス・トイレ・洗面脱衣室フルリフォーム(標準グレード)

ご予算300万円以上

住み慣れた我が家をフルリノベ

1F・2F内装・水まわり設備フルリフォーム

暮らしに合わせて住まいも変化

間取り変更リノベーション
+
断熱リフォーム

水まわり設備フルリフォーム

信頼できる第三者の住宅診断

建物も人と同じように加齢します。そして、経年による変化や劣化もございます。
今のお住まいに安心して長く住み続けられるように、これから既存住宅の購入や売り出しをご検討される方が安心してお取引きできるように、第三者的な立場から住宅診断(ホームインスぺクション)を実施することができます。
・住宅診断とは
住宅に精通した住宅診断士(ホームインスペクター資格保有者)が、第三者的な立場から、また専門家の見地から、住宅の劣化状況、改修すべき箇所や時期、おおよその費用などを見極め、アドバイスを行います。一般的な位置づけは「目視で住宅の状態を把握して報告する」という内容になります。
・チェック項目(一部ご紹介)や時間と費用
屋外では基礎や外壁のひび割れや欠損、屋根葺き材の破損やずれ、劣化などを目視でチェックします。室内では壁や柱などの屋内に面する箇所や壁面の劣化やカビ、割れなどをチェックします。
一般的には、一戸建ての場合、所要時間は2~3時間程度で、費用は4~7万円程度です。
日々の暮らしを安心してお過ごしいただくために、
お気軽にご相談ください。
ご相談はこちら
();